Car Life Festival Music Outdoor Pick Up Travel

[FESTIVAL]ロッキンジャパン2016 @ ひたち海浜公園 8/6,8/7 8/13,8/14 の4日間 あいのりで行こう! オススメは守谷サービスエリア

ROCKIN JAPAN 公式サイト

出演アーティスト

8/6(土)
UVERworld
キュウソネコカミ
Cocco
スキマスイッチ
ストレイテナー
10-FEET
Dragon Ash
the HIATUS
BIGMAMA
Base Ball Bear
BABYMETAL
星野 源
miwa
MONOEYES

and more!

8/7(日)
いきものがかり
エレファントカシマシ
ORANGE RANGE
木村カエラ
9mm Parabellum Bullet
ゲスの極み乙女。
Nothing’s Carved In Stone
THE BACK HORN
04 Limited Sazabys
HEY-SMITH
UNISON SQUARE GARDEN
RIP SLYME
ROTTENGRAFFTY

and more!

8/13(土)
[Alexandros] KEYTALK
クリープハイプ
KREVA
ゴールデンボンバー
でんぱ組.inc
ナオト・インティライミ
フジファブリック
BLUE ENCOUNT

and more!

8/14(日)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
androp
きゃりーぱみゅぱみゅ
グッドモーニングアメリカ
サンボマスター
湘南乃風
TOTALFAT
NICO Touches the Walls
MONGOL800
米津玄師
WANIMA

and more!

※五十音順
※出演時間、出演ステージは後日発表いたします。
※出演アーティストは変更になる場合がございます。

 

さて本題のアクセス方法ですが

公共交通機関でのアクセス方法は最寄り駅の水戸駅、勝田駅からシャトルバスが出るそうですが、どう考えても待ち時間などはかかってしまいます。

またフェスの時は宿泊する方は特に荷物が多くかさばるので、移動が大変ですよね。

車で行けば、わずか都内から2時間もかからないくらいです。距離はありますが、常磐道は混雑することが比較的少なく、走りやすいのでドライブとしても楽しめます! そんな時こそGO RIDE

 

どう考えてもフェス会場にアクセスするなら相乗りがお得でかつ楽しめます!

初対面でも同じフェスに行く以上 音楽の趣味が近かったりするので、道中のドライブも盛り上がること間違いなし!

サービスエリアにも寄れて、途中のグルメも楽しめます!

因みにオススメは去年

Pasar守谷 が新たにオープンした

Screen Shot 2016-05-19 at 5.34.50 PM

 

守谷サービスエリアです! 都内から走ってちょうど1時間ちょっとでまさに今回のフェスに行くには中間地点 そしてなんと言っても上下線ともにスターバックス&ATM&ガソリンスタンドがあるのでオススメです。

 

グルメのオススメとしては下記のパターンで行きは有名店のパンを買えば車の中で食べることもできます。

帰りはやはりフェスの締めとしてラーメンを食すというのはいかがでしょうか?

 

常磐道下り(往路) 守谷サービスエリア

高速道路初出店!パン オ トラディショネルの美味しいパン

■牛スジの焼きカレーパン 530円が絶品だそうです

この照り焼きパンも美味しそうですね〜。

A photo posted by みどりぃ (@midorii0025) on


またサービスエリアの王道ソフトクリームも

■自然放牧ソフトクリーム  480円(税込)が人気のようです。チェックしたいですね〜。 

 

常磐道上り(復路)

サービスエリアで本格ラーメン!茨城大勝軒の濃厚中華そば

塩ラーメンですが ボリュームがあって食べごたえありそうです。

A photo posted by Charry (@charrynko214) on


デザートにはこちらの苺大福が人気のようですね。

デザートやお土産に柿次郎のいちご大福

A photo posted by ほーみーほ (@homihooooo) on


便利で使い勝手の良い大きくなった守谷サービスエリア。

ROCKIN JAPANの行きも帰りもここで休憩すれば、お土産含めてチョイスが豊富!

2016年のフェスはGO RIDEでお得に相乗りで盛り上がってくださいね。

madoka bus3

About the author

Go Ride

Go Ride

ウェブとサーフィンとガッツリご飯が大好物 13ヶ月の世界サーフトリップを経て surf life balance(サーフライフバランス)を考えながら 相乗りサービス "Go Ride" とキュレーションメディア "Go Ride News" 開発&運営中