Culture Pick Up Surf Technology

[SURF]ビーチは誰のものなのか? マーベリックスの近くのマーティンズビーチがアクセス不可に ビリオネア ビノッド・コスラーの32億円豪邸

2010年頃からずっと問題になっているこの件

実はサーフライダーファウンデーションとシリコンバレーのレジェンド ビノッド・コスラーとの間で法廷闘争になっています。尚 彼はサンマイクロシステムズの創業者の一人で資産を作った富豪 ビリオネアです。ウィキペディアによると$1.5 Billion 約1500億円の資産を保有しています。

マーベリックスがあることで知られるハーフムーンベイ、その南の部分、マーティンズビーチ(Martin’s Beach)にある豪邸を2010年にビノッド・コスラーが購入し、それまでサーファーやビーチに行きたい海水浴客は自由にビーチにアクセス出来ていたのですが、オーナーが彼に変わってから、ゲートが建設されビーチへのアクセスを完全に閉鎖しました。

ビーチへのアクセスをめぐりサーフライダーファンデーションとビノッド・コスラーとの間で法廷闘争になっていたのですが、2014年10月カリフォルニア州の裁判所はビノッドにゲートを開け、パブリック・アクセスを回復する判決を下しました。

(記事をそこまで詳しく読んでいないのですが、カリフォルニア州法によりビーチ自体は個人所有できないらしく、Eminent Domain = 公共の利のために政府が収用するということらしいです)

しかしながらビノッドはこれを拒否し、またCalifornia State Lands Commission (環境委員会のようなもの)がアクセス権をビノッドから購入しようとしましたが、ビノッドはこの申し出も拒否(というか道路のオープンに30億円を要求)

どうやら なにがあっても誰にもアクセスさせたくないようです。

このMartins Beach Roadにゲートを建設してアクセスできなくしたようです。

martins-beach

彼の豪邸はUS$ 32 Million  日本円で32億円超し、しかも彼はここには住んでいないそうです。

美しいMartins Beach  ビノッドが購入するまでは家族連れの海水浴客やサーファーで賑わったポイントだということです。

cad_martinsbch

screen-shot-2016-10-24-at-17-28-08

プライベートビーチを持ちたいビリオネアの欲求と公共としてのビーチ 皆さんはどう思われるでしょうか?

この法定闘争は未だ続いており今後どうなるか注視していきたいと思います。

 

About the author

Go Ride

Go Ride

ウェブとサーフィンとガッツリご飯が大好物 13ヶ月の世界サーフトリップを経て surf life balance(サーフライフバランス)を考えながら 相乗りサービス "Go Ride" とキュレーションメディア "Go Ride News" 開発&運営中